オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市坂本で老朽化した屋根の漆喰の点検を実施しました


大津市坂本で老朽化した屋根の漆喰点検を実施しました。

滋賀県大津市で老朽化した屋根の漆喰の点検を実施した様子をご紹介させて頂きます。
大津市は滋賀県の県庁があり中核市に指定されています、人口が3万人ほどが住んでおり、京都や大阪に行くのにも非常に交通の便がよくベットタウンとしても人気の地域になります、また昔ながらのお家も非常に多く近年の災害で被害を受けたお家も多くあり街の屋根やさんでも非常に多く屋根の工事をさせて頂いています。

今回のお問合せ内容は、築年数が40年になる和瓦屋根のお家で老朽化により漆喰の表面がボロボロと剥がれ葺き土が落ちてきており、劣化箇所からの雨漏りが不安になったお家の家主様からお問合せを頂き点検を実施することになりました。

まずは漆喰とは?と思いの方がおられると思うので漆喰の説明をしていきたいと思います。





瓦漆喰
こちらの棟瓦と平瓦の間に詰まっている白いセメントのようなものが屋根の漆喰になります。
この漆喰の役割は瓦と瓦を接着する役割や瓦がずれないように固定する役割があります、また防水性に優れている為に雨水が瓦の中に入るのを防ぐ役割も担っているとても重要な部分になります、縁の下の力持ちです、主に和瓦や陶器瓦に使わられ事が多く必ずと言いていいほど使用されています。しかし耐久年数は20年前後と言われており屋根は紫外線や雨、強風などに常にされされている箇所になります。10年に一度はしっかりと屋根のプロに点検をしてもらう事をおススメします。

それでは漆喰が傷んでしまうとどういった状況や不具合を起こしていくのかを説明していきます。
剥がれた漆喰
こちらの写真が剥がれた漆喰になります。20年が過ぎてきたあたりから表面の漆喰は剥がれてきます、要因はいろいろあるのですが年中外にさらされている為に強風雨、地震、葺き土に水がまわり押し出されるなどの要因が挙げられます。剥がれたからとすぐに雨漏れが起きたり棟が崩れたりはないのですがそこから確実に劣化は進んで行きます。そうなる前に早めの対応をしておくことが屋根の長持ちに繋がることは当然と思いまう。
続いて漆喰の名前の由来と何で出来ているのかを説明していきたいと思います。
屋根用漆喰
漆喰とは石灰を主成分に骨材、すさ、海藻のりなどの有機物を混ぜて練り合わせたものである。
性能面では調湿性、消臭性があり、湿気を調節してくれる働きがあります。抗菌性が高く水分が加わることで強アルカリ性を示し微生物の繁殖を抑制し不活性化する機能も備えています。又不燃性の建築材料の為に昔からお寺やお城の建築には非常に多くつかわれてきました、そのほかにも漆喰を使った内装材なども非常に多く開発されており生活に欠かせないものになっています。
漆喰の語源は石灰を唐音読みしたしっくいで当て字になります、石灰と表記しない理由はいしばいの表記に石灰が使用されていたためである。


漆喰の剥がれ
漆喰の説明も終わりさっそく今回ご依頼があった大津市坂本の屋根、漆喰の調査に入って行きたいと思います。
こちらが鬼瓦箇所の漆喰の様子になります。

鬼瓦の漆喰が劣化により剥がれ落ち、屋根土が表に崩れ落ちている現状でした。
鬼瓦箇所の漆喰は劣化することにより雨漏りに繋がる大きな要因にはなりませんが、漆喰が劣化する事により鬼瓦がずれたり動いたりすることで瓦を固定する銅線がちぎれたりして鬼瓦箇所が強度面で不安定になり危険が伴います。
鬼瓦の漆喰
屋根土はのし瓦を積んでいく際に瓦同士を固定する為に屋根土が在りますが、表に出てしまった屋根土が雨水などで濡れてしまうことで瓦の下地が脆くなってしまい雨漏りのリスクを高めてしまいます。
棟瓦漆喰の劣化
大棟箇所の漆喰の様子になります。

棟部分の漆喰も雨水を吸い切っている現状でした。
棟瓦にはのし瓦と言って背が高い冠瓦が積まれて構成される屋根の頂上部になります。
棟部分は雨水を受けやすい箇所でもあり、のし瓦を積んでいる分重量もありますので漆喰が劣化している状態を放置すると雨漏りや瓦のズレや歪みなどが生じやすい箇所でもあります。


雨漏り
瓦屋根の雨漏り箇所の一つとして漆喰の老朽化が挙げられます。
瓦屋根自体は寿命が長い部類の屋根になりますが、屋根を長く持たせるにも瓦以外のメンテナンスが必須となります。
その一つが漆喰となり、漆喰の寿命はおおよそ15年から20年程となりその期間を目安にメンテナンスすることが大切になってきます。
屋根漆喰の詰め直し
屋根漆喰箇所の点検を終えてお家の方々に報告と現状説明を行いました。
屋根漆喰の老朽化が進んでいたこともありましたのでお家の方々の不安なお気持ちの部分を汲み取りご提案させて頂き、屋根漆喰の詰め直し工事ラバーロック工事の御見積もり書を作成し提出させて頂くことになりました。

普段、屋根漆喰は目に届かない箇所かも知れませんが知らずの内に月日が経ち老朽化が進んでている現状がありますので一度こうした屋根の点検やメンテナンスすることをお勧めします。



漆喰工事
街の屋根やさんではお客様にあったご提案を随時させていただいています、現場調査費用は一切いただいておりません。
ぜひ屋根の事なら街の屋根やさん滋賀大津店までご依頼お待ちしています。

最後までご視聴ありがとうございます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大津市際川で経年劣化した漆喰の詰め直しが完了しました

屋根工事
屋根工事
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
築40年
建坪
保証
工事費用
施工事例

大津市神領で台風被害を受けた屋根の漆喰詰め直しが完了しました

漆喰詰め直し
漆喰詰め直し
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
施工事例

草津市平井で和瓦屋根漆喰、スレート部分棟板金の工事が完了

漆喰剥がれた鬼瓦
漆喰やり替え鬼瓦
工事内容
棟板金交換
漆喰詰め直し
使用素材
セメント漆喰
築年数
築43年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大津市でスレート屋根の雨漏れ改善のためカバー工法での工事に来ました。

ドローン撮影
8c9afcbdd761c5e3af09dc95c1c6999e
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
スーパーガルテクト
築年数
築28年
建坪
35坪
保証
メーカー保証20年
工事費用
110万円
施工事例

大津市富士見台の屋根補修工事現場の工事の一部ベランダ防水編

ベランダシーリング
ベランダ防水
工事内容
屋根補修工事
防水工事
火災保険
使用素材
漆喰工事・塗装工事・ベランダ防水・など
築年数
築35年
建坪
保証
5年
工事費用
150万円
施工事例

大津市真野で台風被害により雨漏りが生じた外壁塗装が完了です

外壁塗装
外壁塗装
工事内容
雨漏り修理
外壁塗装
台風
使用素材
パーフェクトトップ
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

足場

本日は滋賀県大津市に屋根漆喰のやり直しと外壁塗装の工事着工現場に来ております。外壁塗装があるので足場を組んでおります。屋根漆喰工事のみですと、足場まで組んで工事をしない事が多いので今回は足場があるだけ、漆喰工事も非常にやり易いですね。因みに...........

街の屋根やさん滋賀大津店

街の屋根やさん滋賀大津店です。本日も屋根の工事を着手しております。その中で今日は漆喰工事です。⇩下記の写真は和瓦の漆喰が完全に剥がれ落ちていいる写真です。

屋根工事

大津市際川で経年劣化した漆喰詰め直しを行う様子のご紹介です。滋賀県大津市で経年劣化した漆喰詰め直しを行った様子をご紹介させて頂きます。築年数40年以上になるお家で雨漏れを気にされ当社、街の屋根やさん滋賀大津店にお問合せを頂きました。屋根点検...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227