オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

大津市錦織でスレート屋根カバー工法での工事が完了しました


工事のきっかけ

スレート瓦がかなり雨水を吸い込んで、割れやカビ、苔が発生していつ雨漏りが起こるか心配でした。
そこで調べてもらうと下地の屋根材はまだ大丈夫とのことでしたので、この機会にカバー工法での屋根工事をご決断されました。金属の屋根でメンテナンスが少なくてすむとのことでしたので手を加えようと思いました。

大津市 屋根カバー工事 スレート屋根から金属屋根への葺き替え工事

ビフォーアフター

before
劣化したスレート屋根
horizontal
after
スーパーガルテクト仕上がった屋根

工事基本情報

施工内容
屋根カバー工事
施工期間
4日間
使用材料
アイジー工業 スーパーガルテクト
施工内容その他
スレート屋根から金属屋根への葺き替え工事
築年数
28年
保証年数
工事費用
135万円
建坪
38坪
ハウスメーカー
パナホーム
こんにちは、今日は大津市錦織の現場でスレート屋根カバー工法での工事が完了しましたので報告します。
スレートの瓦が築年数25年が経過して瓦表面から劣化が進んできていました。表面塗膜防水が切れてしまい、スレート瓦に雨水を吸い込んでしまっている現状で、スレート瓦と屋根下地野地板やルーフィングの隙間に湿気がこもりスレート瓦本体が傷んできていました。今回はこれ以上れ悪化が進んでしまい、被害が広がらないようにカバー工法での屋根工事をご決断されました。今回は現状屋根から、工事の内容とカバー工法で完成して新たに出来上がった屋根の状況を詳しくお伝えしていきます。
劣化したスレート屋根
既存のスレート瓦の屋根。
表面が白い粉のようなものが出て滑りやすくなっていました。
表面のカビや苔が発生してしまったスレート屋根表面はとても滑りやすくなるので作業をする際は要注意です。
スレート屋根谷板金部分
スレート瓦と谷板金の取り合い部分も
劣化により板金が変形してきていました。雨水の通り道で雨漏りの原因となりやすい箇所なので工事の際は最新の注意を払って施工していきます。
スレート瓦表面塗膜防水切れ
屋根表面を触るとボロボロと苔やカビが落ちてきます。
スレート瓦の塗膜防水が切れて雨水を吸い込み湿気ってしまい、また乾いてを繰り返して行くと、瓦本体が傷んでしまいます。なぜ苔が発生したり、割れてしまったりするのかスレート瓦とは何なのか見ていきます。
化粧スレート屋根
「スレート」とはセメントを固めて塗装した板のこと
スレートにはいくつかの種類がありますが、普段よく目にするのは「化粧スレート」です。
「カラーベスト」「コロニアル」「スレート瓦」と呼ばれている屋根材です。
雪に弱いのが欠点です。
ひと昔前には天然繊維のアスベストが使われていましたが、
現在のスレート屋根にはアスベストは一切使われていません。
化粧スレート瓦
〇「スレート」のデメリット
・割れやすい  
他の屋根材と比べて踏み割れなどで割れてしまうことが多いです。
当社で施工させていただきましたお家のスレート屋根のも、築16年太陽光パネルが乗せてある屋根で、スレート瓦126枚に対して34枚のスレート瓦が何等かの割れがありました。
・経年劣化による雨漏りがおこりやすい
年数が経過していくと蓄積された土誇りなどが、スレート瓦の重なり部分水切りが詰まり、スレート瓦とルーフィングの隙間に雨水がオーバーフローしスレートを打ち付けている釘を伝って野地板に雨水が侵入していきます。
・スレート屋根表面の再塗装が必要
スレート屋根表面には塗装がしてあり、防水がかかっています。年数が経過すると表面の塗膜防水が切れてしまい、紫外線などでスレート瓦自体が傷んでしまいます。
そのため再塗装が必要になります。
スレート屋根のデメリットなどを回避するために今回はカバー工法での屋根工事となりました。
今回はアイジー工業のスーパーガルテクトの屋根材でカバー工法を実施していきます。
メンテナンスがスレート瓦に比べて少なく、超耐久ガルバを使用して屋根を強くしていきます。
ここからは、超耐久ガルバを使用してのカバー工法がどのような状況に適している工事なのかを見ていきます。






カバー工法スパーガルテクト
【カバー工法のはどんなときに適した工事でしょうか?】
カバー工法とは、既存の古くなった屋根を剥がさずに、上からルーフィング(防水シート)を貼り付けていき、さらにその上に新しい屋根材を貼り付けていく工法です。
葺き替えと違い、古い屋根を剥がさないのと、下地調整の作業工程が省けるので費用もその分抑えることができます。

・屋根工事費用を安くい押さえたい場合
・屋根の傷み方が激しくない場合
・屋根の下地(野地板)が痛んでいない場合小屋裏などの確認が必要となります。




激しい野地板の腐食
【こんな場合はカバー工法ではなく葺き替えが必要になります。】
・和瓦の屋根にはカバー工法での工事はできません
・以前にカバー工法で屋根工事をしている屋根の上にさらにカバー工法での工事はできません
・下地(野地板、既存のスレート屋根など)が激しく痛んでいる場合はカバー工法での工事はできません



(カバー工法のメリット・デメリットまとめ)
●メリット
・工事費用を安くすることができます  ・葺き替えよりも工事期間が短くなります
●デメリット
・下地が痛んでいるとカバー工法での工事ができない  ・カバー工法で施工できない屋根がある
・屋根が二重になるので重くなります

今回のお家は下地の野地板と既存のスレート屋根を確認したところカバー工法での施工が可能になりましたので、カバー工法で施工していきました。
それでは今回カバー工法で使用した屋根材のアイジー工業スーパーガルテクトの屋根材を詳しく見ていきましょう。
ガルテクト資料
【アイジー工業スーパーガルテクト】
超耐久ガルバを採用
・抜群の遮熱性・断熱性を発揮する材料構成と形状になっています。
・形状 裏面に表面材が出ない形状設計で屋外からの熱を通しにくく、高い断熱性を発揮します。
・断熱材 断熱性・防火性に優れたポリソシアヌレートフォーム複雑なかん合部まで断熱材を充填しています。
・アルミライナー紙 小屋裏の湿気を通しにくい特殊な紙を敷いてあります。
(遮熱性塗装による遮熱効果)
表面塗装に使用している「遮熱性フッ素樹脂塗装/遮熱性ポリエステル樹脂塗装」により、大きな遮熱効果を発揮します。
太陽光の中に含まれている光の中には、熱エネルギーに変換されやすい赤外線が約50%含まれています。遮熱性塗装は赤外線の反射特性が大きい着色顔料を使用しており、日射による鋼板温度の上昇を制御します。

ガルテクト資料
超軽量の屋根
120㎡の屋根と想定して、スパーガルテクトは600㎏、スレート屋根は2500㎏、和瓦屋根は6000㎏という重量になります。
スレート屋根からは1/4、和瓦屋根からはなんと1/10の重量になります。築年数が古くなってきたお家への負担がかなり軽減されて、地震対策にも有効です。
軽くて強い屋根材という強みがあるのが人気の秘密ですね。
耐震工事の中でも屋根を軽量にすることが1番の耐震対策になると人気があります。
和瓦からガルテクトに帰ることで1/10の重さになることで、古くなり強度が落ちてきているお家の基礎にかかる負担がかなり軽減されます。「耐震」というのはお家を補強するだけでなく、軽くすることでも大きいな耐震対策になります。
ただ今回はカバー工法での施工になりますので、既存の屋根に被せる分重くなります。
実際の施工現場を見ていきます。
棟板金解体
既存のスレート屋根の棟部分を解体していきます。
棟板金を剥がして抜き板を取り外していきます。
既存解体棟板金廃棄
抜き板も取り除き既存の棟板金は廃棄処分になるので、ウィンチで下ろしていきます。
ルーフィング貼り付け
既存の棟板金を解体し、既存のスレート屋根にルーフィング(防水シート)を貼り付けていきます。
ルーフィングを貼り、板金の切れ端を敷きういちつけていきます。
直接打ち込んでいくと、既存の古いスレートが割れてしまう可能性があるので板金の切れ端を必ず入れる必要があります。

谷板金
ルルーフィングの張り込みが完了したので、板金部分から施行していきます。谷の板金を取り付けて、一番雨水が流れる部分なので、雨水が浸入しないように板金を加工して取り付けていきます。

軒先スターター取り付け
屋根本体を貼り付けていく際は、軒先から取り付けていきます。
軒先の軒先スターターという水切り板金を取り付けることで、軒先からの雨水の浸入を防ぎます。
どうしても軒先やケラバ部分は雨水の侵入が多いところになるので、水切り在のついている板金で加工していきます。
屋根の端の板金を仕上げて屋根本体を取り付ける作業になります。

軒先から屋根本体はリ
屋根本体貼り込んでいきます。今回使用しているスーパーがルテクトの屋根材、軒先から貼り付けていきます。
外壁との取り合いは、板金で仕上げていき水の侵入がないように加工していきます。
壁との取り合いなどの複雑な部分は屋根本体の加工をして貼り付けていきます。
軒先板金止め
軒先の板金を雨水が入っていかないように、要注意部分なので再チェックしていきます。
外壁取り合い加工
外壁との取り合い部分の加工をしていきます。雨水が浸入しやすいので要注意です。
外壁取り合い加工完了
外壁との取り合い部分の板金加工完了しました。
棟板金を残して屋根貼り込み完了
棟板金を残し屋根本体の貼り込みが完了しました。
棟部分に防腐処理してある抜き板を取り付けて、棟板金をしっかりと打ち付けていきます。
年数が経過すると一番雨水が浸入しやすく、腐食しやすい部分です。棟板金がめくれるのは、抜き板が腐食して棟板金を打ち付けている釘が抜けてしまうことでめくれてしまいます。
ドローンからの写真
棟板金も取りつけてカバー工法での屋根工事が完了しました。
カバー工法完了しました。ドローンを使用して上空30メートルから屋根全体を撮影して、お家の方にも見てもらいました。

棟板金を取り付けて完了
お家の方も古い屋根がかなり水を吸い込んでいて心配されていたので、カバー工法で完了した屋根を見られて、安心されていました。「これで安心して過ごせるは。」と喜んでいらっしゃいました。

【工事完了後】

同じ工事を行った施工事例

施工事例

草津市追分でスレート屋根からカバー工法での工事が完了しました

劣化が進んだスレート屋根
カバー工法で工事が完了した屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
築30年
建坪
45坪
保証
メーカー保証20年
工事費用
160万円
施工事例

大津市日吉台でガルテクトを使用してのカバー工法が完了しました

ドローンからの写真
完成ドローンからの写真
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
築34年
建坪
45坪
保証
メーカー保証20年
工事費用
135万円
施工事例

草津市駒井沢でスレート屋根カバー工法での工事が完了しました!

剥がれてしまったスレート
ガルテクト完成
工事内容
屋根カバー工事
足場
火災保険
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
28年
建坪
45坪
保証
メーカー保証20年
工事費用
135万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大津市本堅田で和瓦葺き替え工事が完了しましたので報告します

瓦が無くなっていた大屋根
ガルテクトで仕上げた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
築43年
建坪
30坪
保証
メーカー保証20年
工事費用
92万円
施工事例

大津市際川でスレート屋根棟板金交換と塗装工事が完了しました

スレート屋根劣化状態
スレート屋根塗装完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
使用素材
サーモアイ遮熱塗装
築年数
28年
建坪
38坪
保証
工事費用
85万円
施工事例

大津市日吉台で瓦差し替え、漆喰、戸袋板金工事が完了しました

飛ばされた瓦
瓦差し替え完了
工事内容
漆喰取り直し
足場
3階建て
使用素材
セメント漆喰
築年数
28年
建坪
38坪
保証
工事費用
45万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ガルテクト本体張り

今日も湖南市若竹町に屋根の張替え工事に来ています。以前ブログで掲載させていただいた太陽光パネルが乗っていた築25年のスレート瓦の屋根になります。スレート瓦の撤去から下地野地板張りと防水シート張りまでが終わり今日はガルバニウム鋼板屋根の本体張...........

ドローンからの写真

皆さんおはようございます(^^#)♪今回は大津市瀬田橋本町で築35年台風の自然災害で屋根瓦が飛散してそこからの雨漏りの現場調査に来ました。台風の自然災害で屋根瓦が飛散してしまいそこから・・・部屋の天井から雨染みが出来てしまったらしく、取りあ...........

ケラバ

大津市今堅田で台風被害でケラバが破損したカラーベストの点検滋賀県大津市今堅田で台風の強風を受けてケラバ部分が破損したカラーベスト屋根の点検の様子をご紹介させて頂きます。今回、点検の対象になるのが築年数が20年程のお家のカラーベスト屋根になり...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227