オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市瓦屋根の漆喰工事・ラバーロック工事現場の状況


今日は大津市で瓦屋根の漆喰工事とラバ―ロック工事の現場になります。

街の屋根やさん滋賀大津店では大津市の屋根工事を多くご依頼いただいております、大津市は滋賀県の県庁所在地があり、滋賀県でも中核の街になります。住宅開発も進んでおり大阪や京都にも行きやすく交通の便も非常よく近年人気の街になります、また昔ながらのお家もたくさんあり近年の災害ではたくさんの屋根に被害が起こった影響もあり、屋根の葺き替え工事や補修工事をたくさんいただきました、大津市は瓦屋根が多くまだまだ土葺き屋根のお家が多くあります、土葺き屋根は瓦を葺き土という粘土状の土で瓦を固定していく工事方法になります、昔のお家はこの土葺きの工法で施工されている屋根がほとんどになります、しかし近年の地震の影響でこの土の重さがお家に負担があることから土葺きの屋根はなくなってきました、しかし築40年を経っているお家がたくさんある大津市ではまだまだ多くの家屋で土葺きの家屋が残されています、その為に台風で屋根が飛んで行った屋根や瓦がずれてしまった屋根などの被害が非常に多く起こりました。
しかし屋根瓦の葺き替え工事は非常に予算がかかる為に屋根の工事、葺き替えをしたくてもできないお客様も多くおられます、街の屋根やさんでは葺き替え以外でも屋根の補修工事なども行っています。
今回はそんな葺き替え以外の屋根の補修工事を紹介していきたいと思います。

さっそく現場に向かいましょう。
日本家屋屋根
今回のお家は築40年の日本家屋の建物になります。
ドローンを使った上空からの航空写真になります。まずは屋根の全体の大きさや形状、屋根の破損箇所などを見ていきます。
安全に注意してから屋根の上に上りたいと思います、安易に上り屋根瓦が割れたり、勾配が思ったよりきつく点検業務や工事が困難になる状況を避ける為にしっかりとドローンで屋根を見ていきました、それではさっそく屋根に上って行きましょう。
ずれた和瓦
屋根の上に上ってきました。
築40年経つ立派な和瓦葺きの屋根になります。写真で見て分かるように瓦がずれてしまっています。
土葺き工法で施工された屋根は葺き土という瓦の下に粘土土を置いて屋根を固定していきます、この葺き土は年数が経つにつれて下に落ちていきそれと同時に瓦も一緒にずれてしまいます。これによって瓦と瓦の間に隙間が出来てしまいその隙間から雨水が入り家屋や屋根裏に雨水が侵入してしまう事があり、家屋を痛めてしまう原因になります。また近年の地震や台風でこの土葺き屋根の被害が非常に多く今ではあまり土葺きで屋根を葺くことはなくなりました。
それでも大津市ではまだまだこの土葺き屋根が多く残っています。
ずれた瓦屋根
側面から見るといかに瓦がずれ落ちているかが見て分かります。完全に隙間が空いているのが分かります。5cm以上ずれてしまっています。
棟瓦隙間
棟瓦と熨斗瓦も大きな隙間が出来てしまっていました。普段の雨では雨水の侵入はないのですが強雨風などで雨水が入る恐れがあります。

そのほかの箇所も見ていきましょう。
漆喰剥がれ
大屋根の鬼瓦の写真になります。
棟瓦と鬼瓦に従来ないといけない漆喰がなくなってしまっていました、破片が屋根の途中に落ちています。
経年劣化で鬼首の漆喰が剥がれてしまっています。当然ここからも雨漏れが侵入する可能性は十分あります。
剥がれた漆喰
棟瓦漆喰も剥がれてしまい下地の土が見えてしまっています。漆喰は雨水が瓦の下地になどに入らないように瓦屋根には必ず必要な箇所になります。非常に通気性がよくお城の壁などにも使われるほど防水性能は優れています。
しかし漆喰の寿命は20年前後といわれており、年数が経つと漆喰が剥がれてしまうことがあり剥がれてしまうと家屋の中に雨水が入ってしまい家屋を痛めてしまう原因になります。
鬼瓦漆喰剥がれ
今回の調査で従来の瓦に割れなどもなく雨漏れが起きていない為に漆喰の詰め直しと落ちてきている瓦屋根をラバーロック工法という工法でズレている瓦を直していきたいと思いまう。
それでは工事について説明していきたいと思います。
鬼瓦
瓦屋根にたいして漆喰工事は良く耳にすると思いますが、ラバーロック工事についてはあまり聞いた事も無い方もいるみたいなので、少しラバーロック工事についてお話します。

そもそも、瓦は、陶器やセメントでできているので歪むことはないとお考えかもしれませんが、実は、長い年月の間、強烈な太陽光(紫外線等)に晒されることによって、瓦自体が歪み、瓦と瓦の間に隙間ができることがあります。

その隙間から雨水が入り込み、雨漏りの原因となります。 その雨漏りを止めるのにラバーロックはとても有効です。
屋根の漆喰
ラバーロック目的② 瓦のズレ防止!

台風や強風や地震による震動で瓦がズレることがありますよね。そのズレを防止する為に多数の瓦と瓦をコーキング材でくっつけて、より強固にして瓦のズレを防止するのがラバーロックです。
ただし、基本的なポイントを抑えてキチンとした施工をしないとデメリットを受けるので気を付けましょう!!
屋根の漆喰
よくありがちなデメリットは、瓦周囲すべてをコーキングして、瓦下の空間を密閉してしまい、湿気が溜まり、ルーフィングや野地板が腐食させてしまうことです。
これらの腐食が激しくなると高額な屋根の葺き替えをせざるを得なくなります、
棟瓦の取り直し工事
近年では、今までに地震や台風がほとんど来てない地域でも多数被害が発生しています。
ラバーロックは、将来の突風や地震の対策に打ってつけです。

ながながお付き合いいただいてありがとうございました。
御心配ごとがあれば是非当社までご連絡下さい。
街の屋根やさん滋賀大津店ではお客様にあった提案を随時させて頂いています。
お気楽にご相談下さい。最後まで読んでいただきありがとうございました。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大津市際川で経年劣化した漆喰の詰め直しが完了しました

屋根工事
屋根工事
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
築40年
建坪
保証
工事費用
施工事例

大津市神領で台風被害を受けた屋根の漆喰詰め直しが完了しました

漆喰詰め直し
漆喰詰め直し
工事内容
漆喰詰め直し
使用素材
築年数
築35年
建坪
保証
工事費用
施工事例

草津市平井で和瓦屋根漆喰、スレート部分棟板金の工事が完了

漆喰剥がれた鬼瓦
漆喰やり替え鬼瓦
工事内容
棟板金交換
漆喰詰め直し
使用素材
セメント漆喰
築年数
築43年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円

同じ地域の施工事例

施工事例

大津市富士見台の屋根補修工事現場の工事の一部ベランダ防水編

ベランダシーリング
ベランダ防水
工事内容
屋根補修工事
防水工事
火災保険
使用素材
漆喰工事・塗装工事・ベランダ防水・など
築年数
築35年
建坪
保証
5年
工事費用
150万円
施工事例

大津市真野で台風被害により雨漏りが生じた外壁塗装が完了です

外壁塗装
外壁塗装
工事内容
雨漏り修理
外壁塗装
台風
使用素材
パーフェクトトップ
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
施工事例

★大津市大江で台風飛来物により瓦屋根破損から屋根葺き替え工事

瓦
ガルバ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
40年
建坪
50坪
保証
10年
工事費用
250万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

瓦漆喰

大津市坂本で老朽化した屋根の漆喰の点検を実施しました。滋賀県大津市で老朽化した屋根の漆喰の点検を実施した様子をご紹介させて頂きます。大津市は滋賀県の県庁があり中核市に指定されています、人口が3万人ほどが住んでおり、京都や大阪に行くのにも非常...........

足場

本日は滋賀県大津市に屋根漆喰のやり直しと外壁塗装の工事着工現場に来ております。外壁塗装があるので足場を組んでおります。屋根漆喰工事のみですと、足場まで組んで工事をしない事が多いので今回は足場があるだけ、漆喰工事も非常にやり易いですね。因みに...........

街の屋根やさん滋賀大津店

街の屋根やさん滋賀大津店です。本日も屋根の工事を着手しております。その中で今日は漆喰工事です。⇩下記の写真は和瓦の漆喰が完全に剥がれ落ちていいる写真です。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227