滋賀県草津市で雨樋交換工事(工事前の現場現調)状況確認


雨樋破損
滋賀県草津市で雨樋交換工事(工事前の現場現調)状況確認

本日は滋賀県草津市で雨樋交換工事に入る前に現場の状況確認に来ました。

屋根の雨水を集め、排水させる役割を果たす雨樋です。

これは壁を雨水から守る大切な役割をしています。

雨樋がないと、①雨水が外壁を直接流れるため、家の劣化を早める。 ②軒先から落下する雨音が大きくなる。
など、良いことは一つもありません。

上の(?)写真のように外れがある、台風の際に飛ばされたり、落下した時に通行人に怪我を与える可能性もあります。
雨樋(歪み・はずれ)
また、金具が何か所もはずれて落ちそう・雨樋の隙間から水が漏れる・雨樋が割れている等の症状の場合は、部分補修で直る場合もありますし、全交換したほうが良い場合もあります。

雨樋を新設するときは、雨水を流す方に傾斜をつける必要があるため、ご自身でやるのはかなり技術を要します。

また、金具取付部分が劣化していれば、取付箇所の見極めも必要です。

そんな時には業者などに依頼頂ければしっかりと点検確認致します。

雨樋外れ
雨樋の部分交換を行う場合は、既存の雨樋の形状や材質に合わせて交換することになります。
雨樋は大きく分けて3種類のお形状があり、それぞれに特徴があります。

1・半円型
古い物件によく見られるタイプの雨樋です。
形状がシンプルですので価格安いというメリットがあります。
ただし、大量の雨を受けられない構造になっているため、ゲリラ豪雨や台風のような悪天候ではきちんと雨樋としての機能を果たせないことがあります。
2・角型
最近のスタンダードは角型になります。
半円型よりも多くの雨を集めることが出来るため、大雨でも水があふれることがほとんどありません。
強度も強いため強風で壊れにくいというメリットもあります。半円型と角型で悩んだ場合は角型で雨樋交換することをおすすめします。

3・特殊型
寒冷地のように雪が多い地域で使われているのが特殊型と呼ばれる雨樋です。
通常の雨樋は雨には強いのですが雪の重さまでは考慮して作られていないため、雪が積もると壊れることがあります。このため、雪国では積雪しにくい構造にした特殊型の雨樋を利用すること一般的です。

※雨樋の材質
材質は塩化ビニール製がほとんどですが、最近はガルバリウム鋼板と呼ばれる金属素材を使われることが増えてきました。
屋根材にも使われている安価で強度のある材料で、今後はガルバリウム鋼板の雨樋が普及していくことが予想されます。 
雨樋(説明)
雨樋に不具合が出ても、大したことないと思って放置すると、家に大きなダメージを与えかねないことを知っていますか?

雨樋から漏れ出た雨水は軒をつたって外壁や地面へ流れて、ご自宅の土台部分を傷めることがあり、外壁の内部へ入り込んでしまうとカビが発生したり家を腐食させたりと、被害が拡大することもあるんです。

雨樋が痛んでる方は一度ご連絡下さい。

確認もできたので後日工事に入っていきます。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

滋賀県大津市竜が丘で防水機能が低下した外壁の塗装工事が完了

塗装前
塗装後
工事内容
雨樋交換
外壁塗装
使用素材
築年数
築20年
建坪
保証
工事費用
施工事例

大津市石山寺で和瓦漆喰、瓦止め、樋交換工事完了しました。

漆喰劣化
漆喰やり替え完了
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
雨樋交換
使用素材
セメント漆喰
築年数
32年
建坪
33坪
保証
工事費用
50万円

同じ地域の施工事例

施工事例

草津市追分でスレート屋根からカバー工法での工事が完了しました

劣化が進んだスレート屋根
カバー工法で工事が完了した屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
築30年
建坪
45坪
保証
メーカー保証20年
工事費用
160万円
施工事例

草津市平井で和瓦屋根漆喰、スレート部分棟板金の工事が完了

漆喰剥がれた鬼瓦
漆喰やり替え鬼瓦
工事内容
棟板金交換
漆喰詰め直し
使用素材
セメント漆喰
築年数
築43年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

草津市新浜町で老朽化したスレート屋根の塗装が完了しました。

屋根塗装
屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
築年数
築20年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

雨樋の補修

今日は以前屋根の工事でお世話になりました、東近江市沖野のM様邸にお伺いしています、お伺いしている理由は昨日の雪の影響で雨樋が外れてしまい直してほしいとご連絡を頂きすぐに駆けつけました。滋賀県でも北部の方は毎年雪が積もります。昔に比べて積雪は...........

雨樋交換

守山市三宅町にて雨樋交換の現場の様子をお届けします。現在、屋根等の工事に入っている現場の様子をお届けさせて頂きます。今回は、工事の内容の一つ「雨樋交換」となります。

屋根調査

どうもこんにちは、今日は雨樋とスレート瓦屋根の調査になります。台風の強い風で雨樋が割れてしまい雨が下に流れてしまいます。軒樋と集水器のつなぎ部分も完全に離れてしまっています。樋以外にも台風影響がでていないかしっかりと現場調査に入っていきまし...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227