オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

大津市から電話問い合わせ梅雨に入る前の雨漏り点検


本日は滋賀県大津市で瓦の現場調査に来ております、大津市は滋賀県の中核市に指定さら県庁所在地でもあり非常に住宅が多くあり、屋根の点検は台風時期や梅雨の時期になるとたくさんのご依頼を頂きます。本日も3件の調査依頼を頂きました。ありがとうございます、それではさっそく屋根点検、雨漏れ調査に向かいたいと思います。

お電話頂き梅雨が来る前に、雨漏りの心配があるとのことで、点検に来ました。

築年数と台風の影響で、少し気になっていた所で、梅雨入り前に点検です。
瓦調査
今回は築40年の家屋になり屋根は切妻、和瓦の日本家屋のお家になります。

それではさっそく屋根の上に上がって屋根の調査に入って行きましょう。

ここで屋根の点検の仕方や進め方も説明していきたいと思います。

1、屋根の形状、葺いている屋根の種類、劣化状態などを事前に把握しておきます、安易に屋根に上ってしまい屋根瓦が割れてしまったり、霜や雨、地域によっては雪などが降っていると屋根の勾配によって上る為に必要な道具がいる場合があります、安全面も考慮して事前の準備がとても大切になります。

2、続いては屋根に上って行きたいと思います、二階建て家屋、三階建て家屋はスライダー(スライドして伸びる梯子の事)を屋根に掛けて上ることになります、四階建て以上の家屋の場合はスライダーが届かない為に足場を組んでの調査やドローンを使用した調査になります。安全面や車、歩行者の事を十分に考慮しての作業になります。

3、それでは屋根の調査になります、屋根に上ってからすることは、現状の屋根を細かく写真を撮っていきます。
ずれた和瓦
まずは瓦の状態を目視で確認していきます。写真で見ても分かるように瓦がガタガタにずれています。葺き土が減ってしまい瓦がずれてしまっています。

幸い瓦がなくなっていたり割れたりしているのは特に見られません。次は棟の瓦と漆喰の確認をして行きたいと思います。
漆喰は一度直されているのですがここで問題の発生です。


72aead892df37c1e21275a0e58af5ec4-columns1
20年前に一度施工されている漆喰が剥がれてしまい下地の土がむき出しになっています。

漆喰が剥がれてしまうと棟瓦に雨水は侵入してしまいます。
それでは漆喰の役割を説明していきたいと思います。

漆喰(しっくい)は水酸化カルシウムを主成分とする建築材料になります。漆喰は防水性能にとてもすぐれており昔の建物や土壁などを守る役割があります。屋根瓦に使う時は平瓦と棟瓦の取り合いの葺き土に雨水が入らないように漆喰を塗ることで雨水から屋根を守る非常に大切な役割になります。
屋根漆喰
漆喰の寿命は10年前後と言われています。年数が経つと防水性能がきれてしまい中に雨水が浸透したり写真のように黒くカビや苔、藻が繁殖していきます。漆喰は定期的に直す必要があるということを理解しておく必要があります。
また屋根漆喰は詰め直すだけの簡単な作業なので誰でも出来ると思い間違えた施工をする業者もいている為に注意が必要になります。

今回の調査をさしていただいたお客様の漆喰も間違えた施工をされていました。

それではどういった施工をしてるのかを確認していきましょう。
傷んでしまった漆喰

しっくいのメンテナンスした業者が重ね塗りして、しっくいの位置が手前に来ている。

雨は上の冠瓦からのし瓦の段々を流れて、一番下ののし瓦の隙間に入りこむ。

ここで問題となってくるのが、しっくいラインの位置・・・

奥にあれば、のし瓦の隙間に流れ落ちた雨は、しっくいの外側に伝わり、棟部の外側へ排出される。

傷んでしまった漆喰

雨はしっくいより棟の芯側に伝わる。

そうなると、逆に、雨はしっくいが防波堤となるため、外に排出されない。

棟の中に入っている葺き土が徐々に浸食されて、やがて、雨漏りとなる。

なくなった瓦

瓦がズレ(無くなって)て下の土がきれいに見えているんです。

少しの浮きでは、雨漏りに直結する事はほとんどありませんが
ズレがひどい時は、激しい漏り方をする特徴があります。

対処方法としては、
瓦のかみ合わせを直してやるだけで元に戻ります。

一度でも瓦が浮いた箇所は、強風などで浮きやすいので
瓦止め工事をすると以後心配がなくなりますよ。 

屋根の雨漏り点検、調査が完了しました。お客様に現状の屋根の状態をしっかりと写真をふまえて今後の対応を打ち合わせしていきたいと思います。

街の屋根やさんでは梅雨前の屋根の調査、雨漏れ点検を無料で実施しています。屋根のことでお困りの方はぜひ街の屋根やさん滋賀大津店までお気楽にご連絡ください。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大津市富士見台の屋根補修工事現場の工事の一部ベランダ防水編

ベランダシーリング
ベランダ防水
工事内容
屋根補修工事
防水工事
火災保険
使用素材
漆喰工事・塗装工事・ベランダ防水・など
築年数
築35年
建坪
保証
5年
工事費用
150万円
施工事例

大津市でスレート屋根築25年経年劣化で屋根カバー工法工事

劣化が進んだスレート屋根
カバー工法で工事が完了した屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板(スーパーガルテクトc)
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
施工事例

★大津市大江で台風飛来物により瓦屋根破損から屋根葺き替え工事

瓦
ガルバ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
40年
建坪
50坪
保証
10年
工事費用
250万

同じ地域の施工事例

施工事例

大津市富士見台の屋根補修工事現場の工事の一部ベランダ防水編

ベランダシーリング
ベランダ防水
工事内容
屋根補修工事
防水工事
火災保険
使用素材
漆喰工事・塗装工事・ベランダ防水・など
築年数
築35年
建坪
保証
5年
工事費用
150万円
施工事例

大津市真野で台風被害により雨漏りが生じた外壁塗装が完了です

外壁塗装
外壁塗装
工事内容
雨漏り修理
外壁塗装
台風
使用素材
パーフェクトトップ
築年数
築30年
建坪
保証
工事費用
施工事例

★大津市大江で台風飛来物により瓦屋根破損から屋根葺き替え工事

瓦
ガルバ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
40年
建坪
50坪
保証
10年
工事費用
250万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

a7149139e19267484ca16a7f055a7c40

大津市で台風でめくれてしまったスレート瓦屋根の補修工事に来ました。築28年ほど経過しているお家です。台風の影響で棟板金が剝がれスレート瓦が数枚無くなってしまっていたため修繕工事をしていきます。

d132988b0ea44779eb7a16ca4a31f4e9

築34年ほど経過しているお家で80年代90年代に多く施工された屋根材セキスイかわらUの屋根で施工されました。屋根表面の塗装が剝がれ水分を吸い込み割れている瓦もありました今回は劣化したセキスイかわらUを剝がして金属屋根に葺き替えをしました。

セキスイU瓦

大津市でセキスイU瓦のお家で劣化しているとのことで調査に来ました。セキスイU瓦は築34年ほど経過しているお家でかなり傷んでおり塗装部分が剝がれて劣化していました。今回は状況確認で屋根の調査をしていきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227