オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

滋賀県草津市で屋根カバー工法の現場(野地板施工風景)


コンパネ

本日も引き続き屋根カバー工法の現場に来ております。

昨日の雨で作業が途中で終わり本日は野地板を張る所です。


住宅の屋根は、雨や露、雪、日射、熱暑寒冷から屋内を守り、快適な住環境を保つと同時に、外壁や基礎部分など建築の重要な構造部分を保護する役割を果たします
屋根は、形状や素材により機能性・耐久性が異なります。また、色やデザインも住宅の印象を左右する要素となるので、選ぶ際は十分に吟味することが大切です。


構造がシンプルな切妻屋根は、現在でも採用されるポピュラーな形状です。日本瓦だけではなく、スレートやトタンなどの素材にも合うので、さまざまな建物に応用できるのです。
その他、屋根が4方向に下がりどの方位でも対応できる寄棟屋根、見た目がシャープな印象の片流れ屋根なども、近年よく採用される屋根形状です。

コンパネ2

屋根材による分類

屋根材には、日本に古くから伝わる「日本瓦」や「銅板」、近年よく採用される「スレート」「ガルバリウム鋼板」など、さまざまな種類があります。

日本瓦

日本に古くから伝わる屋根材です。日本国内の粘土を平らに乾燥させ、1,000~1,250℃の高温で焼き上げてつくります。
日本瓦は耐久性に優れ、強度も高く、耐用年数は50~100年と長いのがメリットです。

また、日本家屋独特の重厚感は日本瓦によってもたらされるといってもいいでしょう。
しかし非常に重量があるため、地震の際に被害を受けやすいというデメリットがあります。
日本瓦は重いため揺れが大きくなり、脆弱な家屋の場合は倒壊の危険が高まります。これを防ぐため、日本瓦は屋根に固定せず並べて敷き詰めることが多いです。固定しないので、大きな地震の時は瓦が地面に落ちることで家へのダメージを減らすという考え方です。しかし、やはり瓦が落ちてしまうと、当然のことながら葺きなおしが発生してしまうというデメリットがあります。

屋根の葺き替え工事

セメント瓦

セメントと砂を混ぜ合わせて作る瓦です。
立体感のあるデザインで、洋風住宅の屋根材としても向いています。日本瓦と比較すると安価でカラーバリエーションも豊富なため、使いやすい素材であるといえます。しかし、割れやすくメンテナンス費用が高くついてしまうこと、耐用年数が20~30年程度と短いこと、アスベストの危険性があることなどから、近年はほとんど採用されなくなりました。

スレート瓦


メーカーによっては「カラーベスト」や「コロニアル」という商品名で販売されていますが、これらもスレートです。
新築物件に最もよく利用されている屋根材です。日本瓦に比べて軽量で、形状や色の自由度が高いのが特徴です。
スレートには、粘板岩を薄く板状にした「天然スレート」と、セメントと繊維を混ぜ合わせてつくった「化粧スレート」があります。天然スレートは高額なためほとんど普及しておらず、一般的にスレートといえば「化粧スレート」のことを指します。
化粧スレートは安価で施工がしやすいためよく採用されますが、劣化による色あせが目立つことから、10~25年ごとのメンテナンスが必要となります。
また、日本瓦に比べると薄いため割れやすいというデメリットもあります。

コンパネ完成

トタン

亜鉛でめっきした薄い鋼板です。継ぎ目がないため雨漏りの心配が少ないのがメリットです。また、安価で施工もしやすいです。
しかし、サビが出やすいこと見た目が安っぽいことがデメリットとして挙げられます。
特にサビが出やすいのがトタンの大きな欠点で、一度サビるとすぐに穴開きにつながります。このため近年ではあまり屋根材としては使われなくなってきています。

ガルバリウム鋼板


トタンと同じく金属性の屋根素材です。
アルミニウム55%、亜鉛43.4%、シリコン1.6%でつくられた鋼板です。しかし、トタンとは全くことなり非常にさびにくく、かつ物理的な強度も高いです。
またスレートと同じく色や形のデザインが豊富で、外見も優れていることが特徴です。

断熱材を組み合わせて性能を向上させている製品もあり、近年急速に普及が進んでいます。
特に特筆すべきポイントは軽量であることで、耐震性の観点で有利です。また、軽く施工性が優れていることから既存屋根の上に葺きなおす「カバー工法」にも広く使われています。

屋根の種類は沢山あり施工方法も異なりますが街の屋根や滋賀大津店では、どのような屋根材にも対応しておりますので、

是非ご相談下さい。

明日も引き続きカバー工法の施工に入ります。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大津市膳所で雨漏り補修工事で漆喰のやり替えを実施しました

剥がれてしまった漆喰
詰めた漆喰
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
セメント漆喰
築年数
築32年
建坪
38坪
保証
工事費用
45万
施工事例

大津市でスレート屋根の差し替え及び遮熱塗装が完了しました!!

スレート屋根の塗装
遮熱塗装
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
築17年
建坪
保証
工事費用
40万
施工事例

滋賀県大津市竜が丘で金属屋根の張替えと棟板金の補修工事

傷んだ貫板
新しい棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
棟瓦取り直し
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築40年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
20万

同じ地域の施工事例

施工事例

草津市追分でスレート屋根からカバー工法での工事が完了しました

劣化が進んだスレート屋根
カバー工法で工事が完了した屋根
工事内容
屋根カバー工事
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
築30年
建坪
45坪
保証
メーカー保証20年
工事費用
160万円
施工事例

草津市平井で和瓦屋根漆喰、スレート部分棟板金の工事が完了

漆喰剥がれた鬼瓦
漆喰やり替え鬼瓦
工事内容
棟板金交換
漆喰詰め直し
使用素材
セメント漆喰
築年数
築43年
建坪
25坪
保証
工事費用
40万円
施工事例

草津市新浜町で老朽化したスレート屋根の塗装が完了しました。

屋根塗装
屋根塗装
工事内容
屋根塗装
使用素材
築年数
築20年
建坪
保証
工事費用

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドローンからの写真

皆さんおはようございます(^^#)♪今回は大津市瀬田橋本町で築35年台風の自然災害で屋根瓦が飛散してそこからの雨漏りの現場調査に来ました。台風の自然災害で屋根瓦が飛散してしまいそこから・・・部屋の天井から雨染みが出来てしまったらしく、取りあ...........

新しい棟板金取り付け後

どうもこんにちは、今日は昨日の棟板金工事の続きになります。昨日の棟板金工事の記事はこちらから。捲れた棟板金と経年劣化で雨漏れが起きた天窓の板金のやり替えが無事完了し、今日から防水塗装がきれたスレート瓦屋根の塗装工事になります。経年劣化でスレ...........

瓦割れ

大津市大江町で台風被害による飛来物で屋根瓦葺き替え工事現場に来ました。先日の屋根調査にお邪魔したご自宅です。重い瓦屋根から軽量な金属瓦の葺き替え工事現場です。本日が工事の着工になりますので、状況の確認と、工事の進捗になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227