オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

滋賀県大津市で瓦屋根漆喰・ラバーロック工事の着工現場


屋根の現場調査

1. ラバーロックとは

ラバーロック

ラバーロック

日本瓦やセメント瓦など、いわゆる瓦形の屋根材が施工されている屋根において、瓦と瓦をコーキング材(接着剤のようなもの)などで、結合、固定させることをいいます。

つまり、ラバー(接着剤)でロック(固定)するから「ラバーロック」なのです。これを行う目的は、以下の2つがあります。

1-1. ラバーロックの目的 ①:隙間埋め

瓦の隙間を埋める

瓦の隙間を埋める

瓦は、陶器やセメントでできているので歪むことはないとお考えかもしれませんが、実は、長い年月、強烈な太陽光(紫外線等)に晒され続けることによって、瓦自体が歪んでしまい、瓦と瓦の間に隙間ができることがあります。その隙間から雨水が入り込み、雨漏りの原因となります。その雨漏りを止めるのにラバーロックはとても有効です。

1-2. ラバーロックの目的 ②:瓦のズレ防止

瓦のズレを防止する

台風などの強風や、地震による振動で瓦がズレることがありますよ。そのズレを防止するために多数の瓦と瓦をコーキング材で接着して、より強固にし、瓦のズレを防止するのがラバーロックのもう一つの役割です。

ただし、基本的なポイントを抑えてしっかりした施工をしないと、次項目で挙げている3つのデメリットを受けることになるので気を付けましょう。


2. いい加減なラバーロックには3つのデメリットがある

ここでは、ラバーロック施工が未熟、またはいい加減な業者に依頼すると、あなたの屋根が受ける3つのデメリットを挙げます。

2-1. 瓦の下に湿気が溜まる

ありがちなのは、瓦周囲すべてをコーキングして、瓦下の空間を密閉してしまうことで、瓦の下に湿気が溜まり、ルーフィングや野地板が腐食してしまうケースです。痛みが激しくなると、高額な屋根の葺き替えが必要となります。

2-2. 将来的に外観が悪くなる

コーキングの直後は、ラバーロック部分は乳白色をしていますが、時間の経過とともに、ホコリや砂が付着して黒ずんできます。ポイントを抑えて最低限の箇所にラバーロックをしていかないと、屋根全体が黒ずんで見た目が悪くなります。

2-3. 雨漏りの原因となることがある

特に上部瓦と下部瓦の隙間にコーキングをする失敗は、知識や経験のない未熟な業者が行いがちな行為です。この隙間は、瓦が重なっている箇所ですので、雨漏りには関係ありません。むしろ、その隙間は、瓦下の換気の役目を果たす必要な隙間なのです。

この部分をロックしてしまうと、将来 劣化によってコーキング自体に亀裂が入り「毛細管現象」によって、亀裂を雨水が上方に遡り、雨漏りの原因となります。

3. 正しいラバーロックの施工方法

この項目では、ラバーロックの施工技術を有している業者が行なっている正しいラバーロックの施工方法についてお話しします。

3-1. 平瓦部分

平瓦部分のラバーロック

平瓦部分のラバーロック

雨水が流れない瓦の山の左側と山の下部分だけをL字型にコーキングするのが正しいラバーロックの施工方法です。L字型にすることで、瓦を固定しながら、瓦下の換気が確保でき、かつ最小限のコーキングで外観も損ないません。さらに、雨水の流れる部分にはコーキングをしていないので、雨漏りの原因になることもありません。

3-2. 棟瓦部分

棟瓦のラバーロック

棟瓦のラバーロック

棟瓦は、屋根の中でも出っ張っている部分ですので、突風や強風の影響を受けやすい箇所です。よって、瓦のズレ防止には、ラバーロックは大変有効です。写真のようにのし瓦が交互に積んであるT字部分のみコーキングするのが正しいラバーロックの施工箇所です。この箇所だと、最低限のコーキングで最も多くの棟瓦を連結、固定することができます。

【ワンポイント】 悪い施工方法とは

瓦の上下左右4辺すべてをコーキングするラバーロックは、素人目には、より瓦を固定できて良さそうに見えますが、最もやってはいけない悪い施工です。その理由は、上記でお話しした通りです。

 

4.「ラバーロックを勧める=悪徳業者」は勘違い

確かにラバーロックは、原価が安く作業的には簡単なので悪徳業者に目を付けられやすい修理方法だと思います。しかし、お分かりだと思いますが「ラバーロックを勧める=悪徳業者」ではありません。

確かに作業は簡単ですが、ラバーロックの必要性の判断、正確なコーキング箇所の把握には、熟練者の判断が必要になります。

まずは、ラバーロックが必要になる条件からお話ししていきましょう。

4-1. ラバーロックが必要になる3つの条件

■ 自然災害が多い地域に自宅がある

台風の強風や地震の揺れで、瓦がズレることを予防するためにラバーロックを施工することは、とても有効です。

■ 突風対策や地震対策が気になっている

近年、今まで地震や台風がほとんどなかった地域でも多数の被害が発生しています。ラバーロックは、将来の突風や地震対策のために、とても有効です。

■ 比較的、新しい住宅で雨漏りが発生している

雨漏りを止めるためには、古い住まいだと、一部または全面の屋根葺き替えを行う必要性が出てきますが、築十数年以下の比較的新しい住宅では、ラバーロックのみで雨漏りが止まる可能性が高くなります。

一方、ウェブ情報を観ていると、何だか「ラバーロックを勧める = 悪徳業者」のような風潮になっているので、そうではないと警鐘を鳴らしたいと考えます。実は、そのような風潮になった理由は、以下の2つの事実があるからです。

4-2. 不必要なラバーロックを勧める業者 = 悪徳業者

ラバーロックは、他の雨漏り修理と比べて費用が少なく、手間もあまり掛からないので、悪徳業者の目に留まりやすい傾向にあります。そのような業者は、屋根に実際に登るパフォーマンスで大袈裟に雨漏りの不安を煽り、必要のないラバーロック施工をして暴利を貪っているのです。

4-3. 見当違いな箇所にラバーロックをする業者 = 悪徳業者

いくらラバーロックが必要な屋根でもその施工箇所を間違えてしまうと、すでにお伝えした通り、屋根の傷みを早めたり、外観が悪くなったり、別な雨漏りの原因になったりと、新たな被害を多数発生させます。しかも屋根修理業界には、このような未熟な業者が大多数を占めているというのが現状です。

つまり「ラバーロック=悪い施工」なのではなく、本当のラバーロックの技術を知らない業者が安易に施工するので「ラバーロックを勧める=悪徳業者」の風潮ができあがったのです。

ラバーロックの経験が豊富な業者に依頼すれば、これほど安価な雨漏り防止対策はありません。「ラバーロック=悪」と決め付けず、一度選択肢に入れることをオススメします。ただし、「業者選び」はより慎重に行うべきだといえます。


同じ工事を行った施工事例

施工事例

大津市膳所で雨漏り補修工事で漆喰のやり替えを実施しました

剥がれてしまった漆喰
詰めた漆喰
工事内容
屋根補修工事
漆喰取り直し
使用素材
セメント漆喰
築年数
築32年
建坪
38坪
保証
工事費用
45万
施工事例

大津市でスレート屋根の差し替え及び遮熱塗装が完了しました!!

スレート屋根の塗装
遮熱塗装
工事内容
屋根補修工事
屋根塗装
使用素材
築年数
築17年
建坪
保証
工事費用
40万
施工事例

滋賀県大津市竜が丘で金属屋根の張替えと棟板金の補修工事

傷んだ貫板
新しい棟板金
工事内容
屋根補修工事
棟板金交換
棟瓦取り直し
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
築40年
建坪
15坪
保証
10年
工事費用
20万

同じ地域の施工事例

施工事例

大津市本堅田で和瓦葺き替え工事が完了しましたので報告します

瓦が無くなっていた大屋根
ガルテクトで仕上げた屋根
工事内容
屋根葺き替え
使用素材
アイジー工業 スーパーガルテクト
築年数
築43年
建坪
30坪
保証
メーカー保証20年
工事費用
92万円
施工事例

大津市際川でスレート屋根棟板金交換と塗装工事が完了しました

スレート屋根劣化状態
スレート屋根塗装完了
工事内容
棟板金交換
屋根塗装
使用素材
サーモアイ遮熱塗装
築年数
28年
建坪
38坪
保証
工事費用
85万円
施工事例

大津市日吉台で瓦差し替え、漆喰、戸袋板金工事が完了しました

飛ばされた瓦
瓦差し替え完了
工事内容
漆喰取り直し
足場
3階建て
使用素材
セメント漆喰
築年数
28年
建坪
38坪
保証
工事費用
45万円

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

ドローンからの写真

皆さんおはようございます(^^#)♪今回は大津市瀬田橋本町で築35年台風の自然災害で屋根瓦が飛散してそこからの雨漏りの現場調査に来ました。台風の自然災害で屋根瓦が飛散してしまいそこから・・・部屋の天井から雨染みが出来てしまったらしく、取りあ...........

新しい棟板金取り付け後

どうもこんにちは、今日は昨日の棟板金工事の続きになります。昨日の棟板金工事の記事はこちらから。捲れた棟板金と経年劣化で雨漏れが起きた天窓の板金のやり替えが無事完了し、今日から防水塗装がきれたスレート瓦屋根の塗装工事になります。経年劣化でスレ...........

瓦割れ

大津市大江町で台風被害による飛来物で屋根瓦葺き替え工事現場に来ました。先日の屋根調査にお邪魔したご自宅です。重い瓦屋根から軽量な金属瓦の葺き替え工事現場です。本日が工事の着工になりますので、状況の確認と、工事の進捗になります。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227