屋根工事・今現在の屋根材によって工事のやり方・仕方が・・・


屋根のカバー工法
皆さんおはようございます(^^#)

今回は屋根の(葺き替え・カバー工法)現場の紹介になります。
この様に屋根自体が経年劣化により・・・
屋根防水などが切れてしまい、変色・剃りなどにより屋根自体の(スレート屋根)形状が変形してるのが見て取れます。

ここまで、きてしまいますと・・・
屋根塗装をしても直ぐに不具合が出る可能しいがあるので・・・今回は屋根に屋根を重ね張りをするカバー工法をする事に・・・
屋根のカバー工法
何故?今回の現場をカバー工法にしたかと言いますと・・・

こちらのお客様は築20年前の現場になりますので、屋根材にアスベストを含む可能性がある為・・・そのため葺き替えにして、しまいますと・・・
色々な弊害が出てしまいますので、今回はカバー工法をおススメさせてもらいました。
和瓦屋根
また、こちらは屋根の棟が台風被害で完全に破損してる状態の写真です・・・

この様に棟が飛んで無くなってしまい・・・
中の土が見えてしまい完全に雨漏り・瓦ズレの原因になります。
屋根の葺き替え
なので、下地から新たにやり直して、今回は軽量金属屋根に新たに葺き替えた写真になります。
同じ金属屋根に変えるにしても元の屋根材によって工法は様々になります・・・
なので

もし・・・気になる方は街の屋根やさん滋賀大津店まで!!!  点検確認は無料にて行っております。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227