オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根や外壁の塗装で使用される「フッ素塗料」について。


フッ素
屋根や外壁の塗装で使用される「フッ素塗料」について。

屋根や外壁などで使用される塗料。
近年では様々な多種多様な塗料が使用されていますが、今回は「フッ素塗料」についてのお話。


フッ素屋根塗装
フッ素塗料とは?

フッ素塗料とは、塗料の主な成分が合成樹脂に蛍石を原料としたフッ素樹脂を使用されたものになります。

そんな、フッ素塗料は耐久性に優れていて、主に高層ビルやマンションに採用されていて、有名な建物では六本木ヒルズなどで使用されています。
フッ素
フッ素塗料のメリットやデメリットとは?

メリット

・耐久性
粘着性質を持ち、耐用年数が長いのが挙げられます。
他のウレタン系の塗料は5~8年、シリコン系の塗料は8~12年に対し、フッ素は12~15年になります。

・耐熱性
フッ素塗料は、結合力が強く太陽光や紫外線に強いとされ、他の塗料でも遮熱性や断熱性を付加した塗料がある中でも、フッ素塗料が一番耐久性に優れているとも言われます。

・親水性
水分と密着する性質を持ち、汚れが付着しても水分が接着面に入り込み、汚れが落ちやすいという一面があります。
近年では、技術が進み「超低汚染性」とも言われます。

・防カビ、防藻性
フッ素塗料は、藻やカビが生えにくい性質を持つ一面もあります。

・防水性
防水性に優れ、また、耐水性とも言われ、水の侵入を防いでくれます。
屋根上塗り
メリットを挙げましたが、逆にデメリットとしてはフッ素塗料の特徴やメリットから他の塗料に比べ、金額が高く高価となり、また、知識や技術がない業者が施工するとフッ素塗料の効果が発揮出来ないというのがあります。
以前までは、フッ素塗料は高額となり敬遠されたり、フッ素塗料が世に出た当初は一般住宅向けよりも高層ビルなど建物向けと思われがちでした。
しかし、時代や環境の変化と共にフッ素塗料の特徴やメリット部分に目が向けられ、近年では一般住宅を始め様々な多種多様の場面や場所でフッ素塗料が使用されています。

また、皆様も屋根や外壁の塗装などをお考えの際の参考にして頂ければと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227