オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

塗装工事に欠かせない工程の一つ「養生作業」役割と大切さとは?


養生作業
塗装工事に欠かせない工程の一つ「養生作業」役割と大切さとは?

今回、塗装工事の工程の一つである「養生作業」についてお話させて頂きたいと思います。

塗装工事以外の建築での現場で組み込まれている作業工程である「養生作業」
皆様はご存知でしょうか?
窓養生
養生とは?

塗り替えを行う際に、建物外の物などに塗料が付着しないように行う工程のことを言います。
養生は「保護」という意味合いや役割を担い、養生は窓のサッシや植木、自動車などの塗装外のものを塗料が付着しないよう保護するためのものとなります。

塗装工事を行う際は基本となり、絶対の工程となり「養生命」といわれる程です。
玄関養生
窓やサッシ、床などをビニールやテープ、マスカーなどで養生を行ったり、自動車や花壇、植木をシートで保護したり、高圧洗浄を行う際に飛び散らないようメッシュシートで養生を行うことが挙げられます。


高圧洗浄作業
養生を行う際に使用される道具として・・・


・マスキングテープ
・マスカー
・布テープ
・飛散防止ネット
・ブルーシート
・室外機カバー
・カーカバー

などを使用して養生作業を行っていきます。

塗装工事を行う際は「手塗り」や「吹き付け」などの手法で行われますが、共通して言えるのが塗料を使用するということがあり、この「養生作業」という工程をいい加減にしてしまうと作業効率を下げてしまったり、仕上がりのクオリティーを落としてしまうことになります。
皆様も、お家の塗装工事を行う際にそうした視点で持って見たり、また、知識や参考にして頂ければと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227