屋根の勾配の決め方って?屋根の勾配によるメリットとデメリット


屋根の勾配の決め方って?屋根の勾配によるメリットとデメリット

皆様の大切なお家の屋根。
お家の間取りやインテリア、機能についてのこだわりはあるけれど、屋根の勾配についてお考えされたことってありますか?
実は屋根の形には色々な種類があり、それぞれによってメリットとデメリットがあります。
お家にとって屋根は大切な箇所であり、雨漏れなどの関係性も大きい箇所。
今回は、屋根の勾配などのお話をさせて頂きます。



切妻屋根
屋根の勾配とは?

屋根の勾配とは、屋根の傾きの度合いの事を言います。
屋根材のの種類や形状、また、お家を建てる環境などを踏まえて決まられるのが一般的となります。

主に勾配でも3つのカテゴリーに分けられ
・急勾配
・並勾配
・緩勾配
とあります。

屋根点検
急勾配のメリット

・水はけがよく雨漏れなどのリスクが少ない
・汚れが流れやすく耐久性の持続に繋がる
・屋根が高くお家が見栄えする
・小屋裏に空間ができ断熱効果に繋がる
・小屋裏のスペースを有効化
・積雪地での雪が積もりずらい

デメリット

・屋根面積が広がり設置や塗り替え時のコストがかさむ
・メンテナンス時の足場が絶対的に必須
・台風などの影響が受けやすい
・屋根が高くなるので片側の日当たりが悪くなる
・積雪地での雪下ろし作業が困難








屋根の雪対策と落雪の危険回避
並勾配のメリット

・雨漏れがしにくい
・メンテナンスの際の足元が良好
・ほとんどの屋根材が対応可能

デメリット

・水はけやデザイン性、コスト面などのバランスが良く、際立ったデメリットがなく、一番スタンダードな屋根勾配となります。
屋根調査
緩勾配のメリット

・台風や風の影響が受けにくい
・屋根面積が狭い分、設置や塗り替えのコストが抑えられる
・メンテナンスの際の足場が良好

デメリット

・水はけが悪く雨漏れのリスクが増してしまう
・汚れが溜まりやすく、耐久性に劣る
・屋根裏が狭く、断熱効果が期待出来ない
・使用出来る屋根材が限られる

アイジールーフ
屋根材の最低勾配

屋根の勾配は、屋根材によって必要な勾配が決まっています。
金属屋根なら1/10勾配以上、スレ-ト屋根なら3/10勾配以上、瓦屋根なら4/10勾配以上が最低勾配となります。
基準以下だと、雨漏れなどのリスクが高まるので注意が必要となります。
屋根の断熱塗装
お勧めの屋根勾配は4寸勾配!!

4寸勾配は、メリットが多くデメリットが少ない4寸勾配の屋根勾配がおすすめです。

おすすめとしては・・・
・雨漏れがおきにくい
・メンテナンスの際の足場が良好
・ほとんどの屋根材が対応可能

この屋根材の特徴としては、制限幅がない所です。
4寸勾配だと、今後、屋根の葺き替えやメンテナンスの際の幅が広くなります。
スレ-ト屋根から耐久性の高い日本瓦に葺き替えたいなど、自由な選択が可能なのが魅力的です。

急勾配やフラットな屋根にする意図がなければ、4寸勾配にしておけば凡用性が高まり安心に繋がります。

屋根の勾配と屋根材の組み合わせは重要な選択になります。
屋根の勾配は見た目だけではなく、使用可能な屋根材や水はけの有無、メンテナンスなどの様々な用途に繋がってきます。
また、屋根の寿命を維持するには、屋根材や状況にあったメンテナンスが大切となってきます。
屋根の正しい勾配と材質、メンテナンスの理解を深めるきっかけに繋がればと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227