台風被害で屋根が破損を・・・しかし直すにしても色々な弊害が!


応急処置
今皆さんおはようございます(^^#)♪

今回も台風被害で屋根の取り合いの板金が破損してしまい・・・その補修と屋根の裏側から見た写真になります・・・この様に屋根の取り合い板金が破損してしまい取りあえずの・・・補修工事を・・・なぜなら・・・
小屋裏
この様に屋根の裏小屋から見ますと・・・そこら中から外の光が・・・ここまで日差しが侵入してきますと・・・
少し強めの雨でしたら・・・ご想像のとおり・・・そこら中から雨水の侵入・雨漏り・雨染みが・・・

余談ですが・・・この様に補修工事をブルシート・養生をして保険会社に請求しても・・・その分の材料代は出ないので覚えておいてください。

基本火災保険の風災での工事の場合・・・現状復帰が条件になりますので・・・この様に補修工事などの出費はおりないらしいです。
スレート剥がしていく
また・・・火災保険の風災被害で申請を出しても・・・
被害の最初のころは、ほぼ全額下りるケースが多かったですが・・・

今ですと一割から三割程度・・・以前にもお話しましたが・・・同じ保険会社で風災被害で屋根が破損してしまい・・・申請を出したとしても・・・被災直後と今では・・・
スレート瓦
おりてくる金額にも差が出て来てます・・・
確かに・・・今回の災害に便乗して様々な業者さんも居ますが・・・考えて下さい・・・一番大切な事を・・・
それは今まで保険料を払いつづけてるお客様だって事を・・・

もし・・・少しでも気になる方は街の屋根やさん滋賀大津店まで!!!
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227