オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根から雨漏れが起きた時の点検の仕方と対処方法を説明します。


足場
どうもこんにちは、今日は雨漏れが起きた時の点検の仕方と対処方法を説明していきたいと思います。

近年の地震、台風の災害などで屋根から雨漏れが起きたり、内装の壁に雨染みがおきたりしてどうしたらいいの?とのご依頼を頂く事が多いです、また他の業者さんに診てもらったけど見積を出すとの事で今の現状や対処方法などを詳しく教えてもらえなかったなどの声も多く、すこしでもお家の方が雨漏れが起きた時の対処方法を知っておいてほしいと思います。
漆喰剥がれ
雨漏れや壁に水染みが出来た時はそこに出来た場所と原因の特定になります。

大きく屋根の雨漏れとひとくくりにするのではなく、屋根のこの部分がこうなっていてこれが原因で雨漏れが起こっていることをしっかり把握することが大切です。

見積や直し方よりもまずは現状把握です。これをしてくれない業者さんは要注意です。まったく意味のない工事になる恐れがあります。
外壁モルタルのはがれ
現状の把握ですがかならず自分の目で確認することです。屋根からの雨漏れと思いきや、壁や庇の取り合い、窓サッシの隙間、工事不備など原因はいろいろです、ここから雨水が入ってきていると分かるようにしましょう。
小屋裏の作り
外からの外傷を確認してから内側の確認をします。屋根から雨漏れが起きている場合は必ず小屋裏も確認してください。

人間ドックと一緒でお家もしっかり外からと中からの診断が大切になります。
屋根の結露
そして原因が特定できればその外傷に応じた改善になります。そこはしっかりプロと相談して直し方や予算を打ち合わせしていきましょう。

工事が始まるまで日にちが開くときは防水テープなどでしっかり養生などをしてこれ以上被害が広がらないようにしましょう。

なかなかお家の方では出来る事が限られていたり屋根は高所になるので危ない行為はしないで、そのときは街の屋根やさんまでご連絡ください、点検、現状説明、見積もりの作成までお代を掛けずにさせていただきます。

ご視聴ありがとうございます。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227