台風被害で棟板金が飛んでしまったり又年数による劣化の写真です


飛んで行った棟板金
皆さんこんばんわ(^^#)

今回は台風被害で屋根棟板金が飛んでしまったり・築年数による劣化などの現場調査点検確認を写真にまとめたやつを紹介します。

こちらの写真は台風21号・23号による被害で屋根棟板金が完全に飛んで無くなってしまってる状態の写真です。
錆びた棟板金
また、こちらの写真は台風後にお客様から気になるので点検確認依頼を受けまして記録として写真に残した状態の写真です。

こちらの場合は年数による劣化で屋根棟板金自体が錆びてしまってる状態になります。

ここまで来ますと塗装かやり替えをおススメします・・・

なぜなら今回の台風では大丈夫でしたが・・・
ここまで来ますと雨漏り・強風による破損の可能性があるからです。
ビス廻りの割れ
このように年数とともにビス・釘などが・・・
腐食して強風で無くなってしまい・・・屋根板金が飛んでしまう可能性があるからです・・・

この様に細かい場所などを記録に残しお客様に現状の報告をして、どのように直したら良いかなどを提案させてもらいます。
腐食した棟板
こちらの写真も台風21号・23号で屋根棟板金が破損して今にも取れそうになってる写真になります・・・

こちらのお宅様は住宅街になりますので・・・
万が一強風などで飛んでしまったら事故に繋がる可能性があるので今回現場調査依頼を受けまして本当に良かったと思います。

何故なら一番危険なのが・・・大丈夫だろうの思い込みだからです・・・

もしお客様の中で気になる方は街の屋根やさん滋賀大津店までご連絡ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227