ベランダの防水ってどうしたらいいの?ベランダ防水の役割と種類


3階建て家屋
どうもこんにちは、今日はベランダ防水について掲載していきたいと思います。

どこのお家にもあるベランダやバルコニーは防水が必要になります。

外壁の防水塗装と一緒に施工することが多いのですがお家の方は、壁の塗装防水は知っていてもあまりベランダの防水などは知られていない方が多いです。

外壁の塗装防水や屋根の塗装同様にベランダにも色々な種類の防水材があります。
防水が切れたベランダ
ベランダはほっておくと雨水や紫外線の影響で劣化がおこります、劣化が起これば写真のように床面や壁面にひび割れが起こりそこから雨水が侵入していき雨漏れが起こることがよくあります。

早期の対応がお家を長持ちさせるコツになります、ほっておくことで下地部分にまで被害が及び直す予算も大きく変わっていきます。

それじゃどんな対応が必要なのか?



ベランダ防水下地
防水の方法にはFRP防水やウレタン防水が多く使用されます。

シート防水やアスファルト防水などもありますが、おもにマンションの屋上や鉄骨のベランダなどに使用します、木造の戸建ての家屋FRP防水やウレタン防水になります。
ベランダ防水中塗り
そして特に多く使用される防水はFRP防水が一番多く使用されています、

FRPとはFiberglass Reinforced Plasticsの略で樹脂に補強材として繊維を組み合わせて作る繊維強化プラスチックになります。軽くて丈夫なのが特徴で新築で建てたときに多くのベランダにFRP防水を採用されています。

プラスチックなので紫外線には弱い為に表面のトップコート塗装はこまめに施工する必要があります。





防水塗装
続いてウレタン防水の説明になります。

ウレタン防水はウレタンの樹脂を化学反応によってウレタンゴムを生成して防水層を形成しています。

FRP防水より安価で出来る為に今でもよく使われているベランダ防水材になります。


住まれているお家のベランダの形状や状態、ご予算の対してのお悩みがなどみなさんあると思います、今自分のお家は何の防水材を使用しているのかはなかなか知識がない方が見ても判断が難しいと思います。

ぜひベランダやバルコニーの防水が気にならばお気楽にご連絡ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227