オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

リフォーム工事とリノベーション工事の違いについて。


リフォーム工事とリノベーション工事の違いについて。

今回は、リフォーム工事とリノベーション工事の違いについてのお話をさせて頂きたいと思います。

リフォーム工事とリノベーション工事の違いについて。
リフォーム工事とリノベーション工事の違いを知るために、まずは「リフォーム」と「リノベーション」がどういったものなのかを知る必要があります。
リフォーム工事とリノベーション工事の違いについて。
リフォーム工事とは
普段よく耳にするリフォームとは、現状回復の為の修繕や悪くなった箇所を部分的に直すなどの工事がリフォーム工事となります。


リノベーション工事とは
既存の建物に大規模な改修工事を行い、用途や機能を変更し性能を向上したり、環境を変える、付加価値を与える工事を目的とするのがリノベーション工事となります。
リフォーム工事とリノベーション工事の違いについて。
リフォーム工事とリノベーション工事の違いとは
リフォーム工事とリノベーション工事は混同されやすいです。
どちらも住宅や建物を工事するという点は一緒ですが、具体的に掘り下げると工事を行う目的の部分では大きな違いがあります。
リフォーム工事とリノベーション工事の違いについて。
リフォームは「老朽化した建物を建てた当初の性能に戻す」ことを指し、元に戻す為の改善工事を目的とされます。
例えば、古くなったキッチンを新しいキッチンに変えたり、汚れた壁紙を張り替えるなどの小規模な工事は「リフォーム」に分類されます。
リフォーム工事とリノベーション工事の違いについて。
リノベーションは、修復だけではなく「用途や機能を変更して性能をを向上させたり、価値を変えたりする」意図が含まれ、より良い環境に作り替えるという目的も含まれています。
間取りの変更を伴うような大規模な工事が「リノベーション」に分類されます。
リフォーム工事とリノベーション工事の違いについて。
リフォーム工事とリノベーション工事とでは、工場規模から工事費用、目的、住宅性能などが異なってきます。
次回は、リフォーム工事とリノベーション工事に伴うメリットやデメリットなど掘り下げた部分をお伝えしていけたらと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227