棟板金ってご存知ですか?棟板金の役割についてのご紹介


棟板金ってご存知ですか?棟板金の役割についてのご紹介

棟板金って?
棟板金といわれてもパッと出てこられない方々もおられると思います。
棟板金とは、スレ-ト屋根(カラーベスト材やコロニアル系)の頂上の尖った部分を覆う金属の山形となる板のことを言います。
屋根の頂上から、水が入ってこないよう保護し、屋根材を固定する役割を棟板金は担っています。





棟板金
棟板金部分の様子です。

屋根の頂上部分ですので、雨風の影響をもろに受ける箇所ですので、台風や飛散物により、破損しやすい部分となります。
スレ-ト屋根を葺いているお家は定期的にチェックすべき箇所の一つとなります。
棟板金
以前に現場調査を行ったお家の棟板金の様子です。

棟板金が破損することにより、雨水が侵入して、下地材を腐敗させ、屋根材が劣化し、雨漏れを引き起こします。
棟板金の役割
棟板金が破損する原因としては、強風や飛散物での破損以外にも、施工不良として棟板金を止める釘が不適切な物やそもそもしっかりと釘が打ち込まれていなかったりなどが挙げられます。
旧築のお家だけではなく、新築や築浅のお家でも棟板金の破損の可能性は充分に考えられます。
棟板金の役割
お住まいされているお家の屋根など、風雨が強い時に見上げてみて下さい。
プラプラしたり、音の変化を感じたりなど違和感を感じた場合は要注意です。

築10年を超えてくると、台風などで棟板金が外れてしまったりなどの可能性が出てきます。
棟板金が外れて放置すると雨漏れに繋がり小屋裏などの木材に回ると劣化が進み余計な出費に繋がりかねません。

修理することも勿論必要ですが、定期的なメンテナンスが大切になります。

また、棟板金の施工方法などをお伝えしていけたらと思います。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227