屋根材のご紹介となります。~金属屋根の特徴について~


屋根材のご紹介となります。~金属屋根の特徴について~

今回は、屋根の葺き替えに使用される屋根材の中の一つ金属屋根についてお伝えさせて頂きます。
屋根材のご紹介
金属屋根について・・・

屋根材には、材質や形状など様々な種類があります。
今回は、よく使用される屋根材の一つ金属屋根に焦点を当て説明をさせて頂きます。
屋根のメンテナンス
金属屋根の種類

トタン屋根
トタンは鉄板を亜鉛メッキで覆ったもので、屋根材として使用したのがトタン屋根です。
亜鉛の犠牲防食作用を利用して、鉄板のみの場合よりも錆びにくく加工したもです。
比較的安価で、主に工場や倉庫でよく使用されます。

ガルバリウム屋根
ガルバリウム鋼板は55%のアルミニウムを含む亜鉛合金でメッキ処理された鋼板です。
メッキ層にアルミニウムを含んでおり、トタンの約5倍の耐久性と熱反射性を持ちます。
本来の表面は銀白食事ですが、塗装などを施すことで、耐久性を向上させ、カラーバリエーションも豊富となります。
金属屋根のご紹介
ステンレス屋根
基材にステンレスを使用した鋼板を屋根材にしたものです。
耐久性や耐食性、強度に優れているのが特徴です。
表面に塗装を施すことで、錆びを防いで使用します。
金額としては、非常に高価となり、住宅等にはあまり使用されていません。

銅屋根
銅板は伸縮性や加工性が高く、大気中で保護膜を形成するので、高い耐久性を持つのが特徴です。
空気に触れると酸化して、色の変化が起きることがあります。この変化は、地域や環境により異なります。

チタン屋根
チタン板は軽量で、強度や熱反射に優れた屋根材になります。
金額としては、高価で加工性にやや劣る面もありますが、お寺などの屋根に使用されたこともあり、注目されています。
金属屋根のご紹介
金属屋根の特徴

・デザインの自由度が高い
金属屋根は、重ね合わせ葺く瓦やスレ-トと違い、雨水の侵入する隙間がありません。
その特徴から、勾配の緩い屋根にも使用することができます。また、加工性が高いので、曲面の屋根にも対応が可能です。

・断熱性能が低い
金属屋根は、熱伝導率が高く、断熱性能が低いという特徴があります。
そういった弱点を補うために小屋裏換気や屋根通気工法が効果的となります。
屋根面の日射熱の吸収を抑える処理も大切になってきます。
明るい色にすることで日射反射率も高くなり、遮熱性能を高めることができます。

・雨音が響く
金属屋根の特徴として挙げられるのが遮音性の低さです。その特徴から、雨音が室内に伝わりやすく、金属版の裏側に断熱材を兼ねて、制振材を貼り合わせるなどの対策が有効となってきます。
シチュエーションや目的によっては、雨音や雰囲気を味わうといった意味合いで対策を施さないという場合もあります。
金属屋根という括りの中でも、屋根材により種類や特徴、目的は様々となります。
そして、屋根の形状により合う合わない屋根材もあれば、施工方法自体も異なる場合があります。
次回は、金属屋根の形状についてお伝えしていけたらと思います。


信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227