オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根のカバー工法(重ね葺き)って何?カバー工法の特徴とは


屋根のカバー工法って何?カバー工法の特徴とは

近年では、多種多様な屋根材を使用されての工法があります。

ぞれぞれの屋根材や工法によって、特徴も異なります。

今回は、その中でもカバー工法についてご紹介させて頂きたいと思います。

カバー工法(重ね葺き)って何?特徴とは・・・


カバー工法とは、既存の屋根材の上から重ねて葺き替える工法です。
既存の屋根の解体撤去費用や廃材処理費用が掛からない為、比較的コストを抑えられ、近年では人気の工法の一つになります。


屋根のカバー工法
カバー工法のメリットとしては・・・

・廃材が出ないので解体撤去費用や廃材処理費用が節約出来る

・工期が他の工法に比べ短い

・生活に支障が出ない

・屋根の二重構造になることで雨音の軽減、断熱性の向上
屋根のカバー工法
カバー工法で使用される屋根材は?

カバー工法は、屋根材を重ねるので、重さが二倍になってきます。ですので、軽い屋根材を使う必要があり、近年、主流となっているのがガルバリウム鋼板となっております。

カバー工法では、このガルバリウム鋼板の軽さが最大限活化されます。

また、近年ではス-パ-ガルベストという次世代の屋根材も出てきています。
高耐久性、軽量性、断熱性、遮音性、耐震性、防火性等、ガルバリウム鋼板と同じ軽量で、様々な特性が加えられた屋根材です。

屋根のカバー工法
カバー工法はどんな屋根材にも対応出来るのか?

瓦屋根、ストレ-ト屋根、コロニアル屋根、トタン屋根等、様々な屋根材に対応出来るようになっています。
屋根材に対応出来ますが、屋根自体の形状によってはカバー工法が向かない場合もありますので、そういう場合は注意が必要ですので、まず、現場調査することをお勧めします。
屋根のカバー工法
カバー工法と葺き替えの違いとは?

カバー工法と葺き替えが同じ屋根工事と思われがちですが、根本的の屋根の施工用途が違います。
カバー工法と葺き替えの違いは・・・

まず、葺き替えの場合・・・
状況として、屋根材の劣化や腐食が進んで、屋根材自体を変えないといけません。
工期としては、7日前後になります。
工事内容は、既存の屋根材を全てばらして、新しい屋根材を葺き替えます。
効果としては、新しい屋根材の効果が得られます。
メンテナンス時期としては、10年前後となります。

カバー工法の場合・・・
状況として、屋根材自体はまだ綺麗で、今後のメンテナンス費用を抑えたい場合です。
工期としては、5日前後になります。
工事内容は、現在の屋根材の上から重ねて、新しい屋根材を葺きます。
効果としては、屋根材が二重構造になることで、断熱性や防水性等を向上です。
メンテナンス時期は、20年前後が目安になります。

このように、カバー工法(重ね葺き)と葺き替えでは、用途や効果、特徴も様々な違いがあり、今後のメンテナンス費用等も変わってきます。

また、メンテナンスのお考えになる場合は、メンテナンス方法の違いは勿論、メンテナンス費用の違いも大きいと思いますので、カバー工法・葺き替えにした場合のシュミレ-ションをしながらメンテナンスをお考えして頂けたらと思います。









信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227