オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施
工事のご相談・ご依頼をご検討中の方はこちらをお読みください
新型コロナウィルス対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について

滋賀県長浜市で青色の瓦屋根の雨漏り現場調査


瓦飛散

本日は滋賀県長浜市で青色の瓦屋根の現場調査に来ております。

築50年以上経過したお家の屋根、青色の陶器瓦が乗っていました。
所々瓦がずれて落ちてしまっている箇所がありました。
瓦を押さえている葺き土がなくなってきて、瓦を押さえられなくなりずれてきている様子でした。
葺き土

屋根瓦の下にある土「葺き土(ふきど)」

瓦が落ちた屋根に残っていたのは「葺き土(ふきど)」と呼ばれるもので

瓦を固呈するために使われていたものです。

昭和の時代までは多くの家屋で「瓦を土で固定する」方法が使われていました。

今では土を使わずに屋根下地に胴縁という柱を取付けてそこに瓦を

打ち付けていく後方に変わってきています。

屋根はお家の中でも一番雨風の影響を受ける部分で、瓦の下の土が湿ってしまうと、屋根下地の野地板まで痛めてしまう可能性が出てきてしまいます。

これを「土葺き(つちぶき・どぶき)」と言います。

漆喰はがれ
葺き土が流れてしまう原因としては
和瓦屋根の鬼瓦や棟瓦を止めている
漆喰の劣化があげられます。
上記の写真は鬼瓦を止めているはずの
鬼漆喰が剥がれ落ちてなくなっていました。
鬼瓦がグラグラで今にも落ちていきそうに
なっています。
屋根漆喰の劣化
こちらの屋根は棟を積み上げている
のし瓦を止めるための漆喰がなくなって
棟を積み上げるために盛られている
葺き土が出てきてしまっていました。
こういった漆喰の劣化や剥がれがおきると
そこから雨水が侵入してきて屋根瓦の
下の葺き土を流してしまいます。
小屋裏雨染み
今回は雨漏りがしてきたとのことで小屋裏からの調査も実施しました。
屋根棟部分にあたる梁付近の雨染みがかなり広がってしまっていました。
野地板が腐食してしまっていました。

折れてしまった梁
状態がひどいところでは屋根を支えるのに一番大切な梁が折れてしまっていました。
和瓦の重さと、葺き土の重さが乗りかかり腐食した木材では支え切れなくなってしまっていました。
和瓦、葺き土の重さは1㎡あたり80㎏、40㎡のそこまで大きくない屋根でも
3200㎏(3.2トン)とかなりの重さが乗りかかっています。
陶器瓦棟
通常手直しの方法としては

1. 屋根板の上に粘土状の土をまんべんなく乗せその上に瓦を並べていきます。
2. 瓦を下の土にギュと押し付けて位置を微調整します。

当時はいまほど瓦一枚一枚の質がそろっておらずきれいに並べたり
積み重ねたりするのが困難だったらしいです。
そこで下地に粘り気のある土を敷き詰めその上から瓦を押し付けていき
位置を調整していたと思ってください。下が土ですから、釘などは使えません。
瓦は土の上に載っているだけです。
陶器瓦
その結果台風や地震などで瓦がずれたり土が落ちたりします。
その場合瓦の位置ずれによるものが多いのでこれを正しい位置に直すことで
雨漏りを直すことが可能になったりします。
欠けてしまった「葺き土(ふきど)」を補充しその上の瓦の位置を直し
雨水が正しく流れる道筋を作り直すわけです。

雨漏りの箇所が複数であったり屋根板の腐食が見られたりするならばいったん
瓦と葺き土を取り除き防水シートを張ったうえで瓦を葺きなおすなどの工法が
考えられます。
土葺き屋根
みなさんは屋根がどんな構造になっているか良く分からないことがあります。
瓦屋根でもその下に土を敷いたもの敷いていないもの防水シートを張ってあるもの
張っていないもの瓦を釘で止めているものとめていないものなどさまざまです。
そして雨漏り修理の時はその屋根の構造が大変重要な情報になってきます。
雨漏り修理を依頼されるときは御自宅の屋根の構造を把握しておかれるとスムーズに伝わります。
よく分からないという方は屋根の様子をカメラで数枚撮影しそれを送ってみてください。
築年数と屋根の写真を見れば、おおよその構造は推測できます。
野地板の腐食
今回の屋根雨漏り調査では屋根の状況が悪すぎたため屋根の骨組みである
野地板の劣化が激しかったため瓦を少しずつのけて雨漏りの修繕を行うのは
難しく一度青緑色の瓦をすべて下ろして雨漏りがしないように対策していきました。
瓦を下ろしてみると複数箇所下地の野地板に穴が見られましたルーフィングも
貼られてはいませんでした。これではお家の中に雨水が侵入してきます。
雨漏りを止めるためにこちらのお家は下地から新たに作って葺き替えることとなりました。
胴縁
葺き土をすべて下ろして掃除をして
下地の現状をきれいにしていきます。
その上に胴縁を一定の間隔で敷き詰めていき
新たな下地を作っていきます。
下地合板
一定の間隔で敷かれた胴縁の上に
12ミリのコンパネ合板を貼り付けて
いきます。
これで新しい屋根下地ができあがりました。
穴が開いてしまった野地板の上に被せて
行くことで雨の侵入を防いでいきます。
ルーフィング張り
下地の合板が貼り終わると続けて
アスファルトルーフィング(防水シート)を
貼り付けていきます。
このルーフィングが施工前のこのお家には
貼り付けていませんでした。
それも一つの原因で屋根の骨組みの木材が
腐食する原因となってしまっていました。
今回は雨漏りが起らないようにしっかりと
ルーフィングを貼り込んでいきます。
ルーフィング張り
ルーフィングもきれいに貼り込みが終わりました。
これでひとまずは雨漏りの心配がなくなりましたね。
化粧スレート屋根
軽量スレート屋根
少し前の時代に人気の
あったスレート屋根
軽くお家にかかる負担は
とても少なくなります。
しかしデメリットもあり
表面の塗膜防水が切れて
しまうと遮熱塗装を
しないとスレート瓦本体が
割れたり剥がれる可能性が
あります。

立平板金
立平板金屋根
こちらも軽量でお家に
対する負担を軽減して
くれます。
勾配の緩い屋根に
よく使われる屋根材です。
最近ではガルバリウム鋼板で
仕上げられていて
錆びにくくなっています。
デメリットとしては
ルーフィングの上に
貼り付けて行くので薄く
雨降りの時など雨音が
大きく聞こえます。
屋根完了
ガルバリウム鋼板金属屋根
こちらの屋根材が今最も
人気の屋根材でスレート瓦の
3分の1の重さになっていて
とても軽量です。
屋根材の間に断熱材も
入っています。
断熱材を入れることで
遮音性が高まり太陽の熱を
和らげ冬の冷気を防ぐ役割が
あります。
時代によって屋根の素材も変わってきました。
雨風からお家を守ってくれる屋根傷みきってしまう前のメンテナンスや
定期的な点検をおすすめします。

同じ工事を行った施工事例

施工事例

大津市富士見台の屋根補修工事現場の工事の一部ベランダ防水編

ベランダシーリング
ベランダ防水
工事内容
屋根補修工事
防水工事
火災保険
使用素材
漆喰工事・塗装工事・ベランダ防水・など
築年数
築35年
建坪
保証
5年
工事費用
150万円
施工事例

大津市でスレート屋根築25年経年劣化で屋根カバー工法工事

劣化が進んだスレート屋根
カバー工法で工事が完了した屋根
工事内容
屋根補修工事
屋根カバー工事
使用素材
ガルバリウム鋼板(スーパーガルテクトc)
築年数
25年
建坪
保証
10年
工事費用
施工事例

★大津市大江で台風飛来物により瓦屋根破損から屋根葺き替え工事

瓦
ガルバ
工事内容
屋根補修工事
屋根葺き直し
使用素材
ガルバリウム鋼板
築年数
40年
建坪
50坪
保証
10年
工事費用
250万

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

【岩橋様邸】池田市(キズナ)_190302_0010

最近、日本でも地震が相次いでいます。東日本大震災から8年たちました。東日本大震災後の意識変化として、住まいについて尋ねた調査があります。震災後、「省エネ性能」「安全・安心」を重視するという層が増加傾向にあるそうです。 新築を考えて...........

a7149139e19267484ca16a7f055a7c40

大津市で台風でめくれてしまったスレート瓦屋根の補修工事に来ました。築28年ほど経過しているお家です。台風の影響で棟板金が剝がれスレート瓦が数枚無くなってしまっていたため修繕工事をしていきます。

d132988b0ea44779eb7a16ca4a31f4e9

築34年ほど経過しているお家で80年代90年代に多く施工された屋根材セキスイかわらUの屋根で施工されました。屋根表面の塗装が剝がれ水分を吸い込み割れている瓦もありました今回は劣化したセキスイかわらUを剝がして金属屋根に葺き替えをしました。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら滋賀大津店にお問合せ下さい!
9時~18時まで受付中!!
0120-280-227